河添恵子の国際情報アナライズ

0661216211

平日 AM: 10時~PM:17時(土・日・祝及び年末年始除く)

06-6121-6211

講師紹介

『3ヶ国語を使い独自のネットワークから
情報を集め真実を読み解く』

メイン講師 河添恵子

メイン講師河添恵子

『3ヶ国語を使い独自のネットワークから
情報を集め真実を読み解く』

ノンフィクション作家
㈱ケイ・ユニバーサルプランニング代表取締役
1986年より北京外国語学院、1987年より遼寧師範大学(大連)へ留学。最新刊は『覇権・監視国家 世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる』(WAC BUNKO)。2010年の『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)はAmazon〈中国〉〈社会学概論〉2部門で半年以上、1位を記録。『米中新冷戦の正体 脱中国で日本再生』(馬渕睦夫ウクライナ大使との共著)(ワニブックス)はAmazon〈中国の地理・地域研究〉1位、『中国・中国人の品性』(宮崎正弘氏との共著)(WAC BUNKO)はAmazon〈中国〉1位、その他、『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)、一部上場企業の経営幹部会、業界組織・団体、国会議員主催の勉強会、大学・ゼミなどでの特別講演、講師を務める。国連でスピーチ、アメリカ(NYとロサンゼルス)、台湾、ポーランドなどでも講演。50ヵ国以上を取材。近年の国内外での講演回数は年平均60回前後。

ナビゲーター 佐波優子

ナビゲーター佐波優子

昭和54生まれ。戦後問題ジャーナリスト、CH桜キャスター。陸上自衛隊予備自衛官・陸士長。「大東亜戦争を戦った全ての日本軍将兵の方々に感謝を~9年間の遺骨収集を通じて感じたもの」にてアパグループ「真の近現代史観懸賞論文」最優秀藤誠志賞受賞。慶應義塾大学大学院に在籍し「無縁遺骨増加問題」を研究。令和元年「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典での「奉祝まつり」など多数の行事で司会を務める。専門は葬祭福祉論、安全保障、戦没者遺骨収集等。著書「女子と愛国」(祥伝社)。

推薦の言葉

経世論研究所所長 三橋貴明

三橋貴明経世論研究所所長

「2001年のWTO加盟以降、中華人民共和国、いや「中国共産党」はアンフェアなグローバリズムを展開し、今や世界の覇権国=アメリカに挑戦する立場を得ようとしています。

同時に、欧米諸国を先頭に、チャイナの覇権を阻止するべく、連帯した動きが始まっています。人類の歴史を決定づける「チャイナ・グローバリズム」の行く末について、河添恵子先生以上に明瞭に、しかも「事実」に基づき語れる日本の論者を、三橋貴明は他に知りません。」

産経新聞「正論」元編集長 上島嘉郎

上島嘉郎産経新聞「正論」元編集長

「皆さんは「日中記者交換協定」の存在をご存知ですか。正式な国交のなかった昭和30年代末から、日本のマスメディアは中華人民共和国(中国共産党)が条件とした「政治三原則」を守らなければ中国に記者を常駐できませんでした。①中国を敵視しない②二つの中国をつくる陰謀に加担しない③日中国交正常化を妨げない――というものです。
三原則の③は、いまや有名無実ですが、相手国の方針に従うことを事前に約束するのでは、自由な報道・論評をはじめから放棄したのも同然です。
日本のマスメディアが伝える中国情報はこうした言語・情報空間の中にあります。これに縛られず、勇気をもって、重要な事実の発掘と発信を続けてきたのが河添恵子さんです。
日本を立て直すには「自由な中国批判」が不可欠です。現実に今そこにある危機を知るためにも、長年にわたる独自取材と、鋭い分析に裏付けられた河添さんの解説には大きな価値があります。」